焼きさんまの簡単ちらしずし
ボブとアンジー

ボブとアンジー

焼きさんまの簡単ちらしずし

ボブとアンジー

6人前 60分 469kcal/人
秋のさんまには不飽和脂肪酸のIPA、DHAが豊富で、血液をサラサラにする効果があります。また、DHAは脳細胞を活性化するので、認知障害の防止に作用します。貧血予防に働くビタミンB12は、ほかの魚の約3倍も含まれています。

材料(6人分)

3合
昆布
1枚(5cm角)
大さじ1
(合わせ酢)
 米酢
80ml
 砂糖
大さじ4
 塩
大さじ1
さんま
3尾
少々
青じそ
10枚
乾燥わかめ
5g
いりごま(白)
大さじ3
紅しょうが
50g

作り方

  1. 米は洗って炊飯器に入れ、昆布と酒を加えて水加減し、30分置きます。
  2. 昆布を取り出し、水加減を確認して炊きます。
  3. 炊き上がれば飯切りに移し、合わせ酢を全体にかけます。しゃもじで切るように混ぜ、合わせ酢がなじめば、うちわであおいで冷まします。
  4. さんまは頭を落とし、内臓を取って塩をふり、20分ほど置いて水なし両面焼きグリルで焼きます。
  5. 焼き上がれば、皮、骨を取ってほぐします。
  6. 青じそは千切りにして水にさらします。
  7. 乾燥わかめは焦がさないように炙り、袋に入れて細かくもみほぐします。
  8. 紅しょうがはもみじの形に抜き、残りはみじん切りにします。
  9. (3)に(5)のさんま、(6)の青じそ、(7)の乾燥わかめ、(8)の紅しょうがのみじん切り、いりごまを混ぜて器に盛り、(8)のもみじ型の紅しょうがを飾ります。
関連するレシピ