秋野菜と鮭の豆腐チャンプルー
写真家: マルコメ

マルコメ

秋野菜と鮭の豆腐チャンプルー

2人前 20分 236kcal/人
秋味満載のチャンプルー。彩りが目に美味しい一品です。木綿豆腐は、炒めているうちに自然に散るので、あまり小さくほぐさずに入れて炒めます。ツナ缶の代わりに、秋の味覚、鮭を使います。ほぐし身の鮭フレークを使うことで簡単に、うまみのあるチャンプルーが作れます。鮭と味噌の相性の良さもわかる一品です。

材料(2人分)

木綿豆腐
160g(1/3丁)
鶏卵
2個
人参(5mm角せん切り)
40g
小松菜(2cm幅に刻む)
100g
しめじ(ほぐす)
80g
舞茸(ほぐす)
50g
鮭(ほぐし身)
40g
わけぎ(小口切り)
適宜
液みそ
 液みそ
大さじ1強
 食塩
少々
 こしょう
少々
 ごま油
適宜

作り方

  1. 木綿豆腐は軽く重しをして水切りしておく。鶏卵は溶きほぐし、食塩少々を加えておく。
  2. フライパンにごま油大さじ1を熱し、鶏卵を加えてスクランブル状に炒めたらいったん取り出しておく。同じフライパンにごま油大さじ1を熱し、今度は人参を炒め、しんなりとしたら木綿豆腐を手で大きくくずしながら入れ、1〜2分炒め合わせる。
  3. 小松菜、しめじ、舞茸、鮭を加えて炒め合わせ、「液みそ」を回しかけて味つけしたらわけぎを加え、鶏卵を戻し入れてさっと炒め合わせ、食塩・こしょうで味を調える。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。