菊菜と菊の花の煮浸し
ボブとアンジー

ボブとアンジー

菊菜と菊の花の煮浸し

4人前 45分 60kcal/人
菊菜は漢方では胃腸を丈夫にし、消化をよくする働きが期待できると言われています。菊菜は抗酸化作用のあるβ-カロテンをとても多く含んでいますので、アンチエイジングや生活習慣病予防に役立つ食材です。

材料(4人分)

菊菜
300g
食用菊
12個
鶏ささ身
1本
少々
少々
少々
(煮汁)
 だし汁
300ml
 酒
小さじ1と1/2
 みりん
大さじ1と1/2
 薄口しょうゆ
大さじ2
 塩
少々
削り節
5g

作り方

  1. 菊菜はサッとゆでて水にとり、水気を切って、3cmの長さに切ります。
  2. 食用菊は花びらだけをちぎって、酢を落とした熱湯でサッとゆで、水にとります。
  3. 鶏ささ身は筋を取り、軽く塩をふって酒蒸しにし、手で細かくさきます。
  4. 煮汁の材料を煮立て、追いがつおをし、(1)~(3)を加えてサッと煮、火から下ろして、煮汁ごと冷まします。 ★追いがつお…削り節をティーパックに入れ、煮汁に加えて、かつおの風味を付けます。