花切りいかの炒め物
ボブとアンジー

ボブとアンジー

花切りいかの炒め物

ボブとアンジー

4人前 45分 200kcal/人
アミノ酸の一種、いかに含まれるタウリンは肝機能の代謝を高めるとされ、疲労回復に役立つ食材です。にんにくの芽には体を温め、代謝を上げる働きがあるとされていますので、疲労回復に効果的なメニューです。

材料(4人分)

紋甲いか(上身)
240g
(下味)
 酒
小さじ1
 塩
少々
 こしょう
少々
 片栗粉
小さじ2
 サラダ油
大さじ1
にんにくの芽
150g
ピーマン(赤)
2個
しょうが
10g
(合わせ調味料)
 酒
大さじ1
 砂糖
小さじ1
 酢
小さじ1
 塩
小さじ1/3
 こしょう
少々
 チキンブイヨン
大さじ2
 水溶き片栗粉
小さじ1
サラダ油
適量

作り方

  1. いかは薄皮を取って縦6cm幅に切り、裏側に身の厚さの2/3くらいまで、3mm間隔に格子状に切り込みを入れ、1cm幅に切ります。下味を順に加えて手でよくもみ込み、サラダ油で8分通り炒めて取り出します。
  2. にんにくの芽は5cmの長さに切り、サラダ油で炒めて塩(分量外)をし、熱湯200mlを加えてゆで、水気を切ります。
  3. ピーマンは5mm幅の細切りにします。
  4. サラダ油を熱して1cm角の薄切りにしたしょうがを炒め、香りが出れば、(1)~(3)をサッと炒め、合わせ調味料を加えて全体を混ぜます。