かぶとかれいのしょうが蒸し
ボブとアンジー

ボブとアンジー

かぶとかれいのしょうが蒸し

2人前 25分 136kcal/人
消化のよい食事といっても、身体を維持するにはたんぱく質もバランスよく食べなくてはいけません。しかし、かたかったり、油が多いと消化に時間がかかり負担になるため、やわらかい白身魚がおすすめです。かれいは脂の比較的多い魚ですが、かぶに含まれる消化酵素や消化促進作用のあるイソチオシアネートが消化を助け、しょうがの代謝促進作用でエネルギーを燃やして身体を温め、血行もよくしてくれます。冷え性の方の胃腸にやさしいレシピです。

材料(2人分)

かれい
2切れ
かぶ
1個
かぶの葉
40g
長ねぎ
40g
にんじん
40g
しょうが
10g
大さじ1
ぽん酢しょうゆ
大さじ1
すだち
1/2個

作り方

  1. かれいの切り身に塩(分量外)を少々ふり、10分ほど置いておきます。湯にサッとくぐらせてから水で洗い、出てきた臭みを取り除いておきます。
  2. にんじんは千切り、長ねぎは斜め薄切りにし、それぞれ5cm程度にそろえておきます。
  3. かぶの皮を厚くむき、6等分にくし形切りにします。かぶの葉は5cm程度に切っておきます。
  4. クッキングシートに(1)、(2)、(3)を並べて、酒、ぽん酢しょうゆを混ぜたものをかけ、千切りにしたしょうがを上にのせて、クッキングシートで包みます。
  5. 中火の蒸し器で15分蒸し、くし形に切ったすだちを添えてできあがりです。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。