合鴨の治部煮
ボブとアンジー

ボブとアンジー

合鴨の治部煮

4人前 25分 479kcal/人
治部煮は北陸金沢の郷土料理として知られています。肉の表面にまぶした粉がうま味を閉じ込め、ジューシーに仕上がります。鴨肉はほかの肉類に比べて、脂質が少なくヘルシーにいただけます。

材料(4人分)

合鴨むね肉
400g
ほうれん草
1束
なす
2本
(A)
 だし汁
1と1/2カップ
 酒
1/2カップ
 砂糖
大さじ1
 みりん
大さじ1
 しょうゆ
大さじ4
わさび
少々
適量
薄力粉
適量
揚げ油
適量

作り方

  1. 合鴨肉は余分な脂肪を取り、12等分に削ぎ切りにし、薄力粉をまぶします。
  2. ほうれん草は塩熱湯でゆで、水気を切って3cmの長さに切ります。
  3. なすは縦半分に切り、斜めに切り込みを入れ、5cmの長さに切って、揚げ油で揚げます。
  4. (A)を煮立て、(1)を入れてサッと煮て、(2)と(3)を加え、温まる程度に煮ます。
  5. 器に盛り、わさびを添えます。