たけのことあさりの木の芽和え
ボブとアンジー

ボブとアンジー

たけのことあさりの木の芽和え

4人前 15分 101kcal/人
あさりに含まれる亜鉛の不足は、味覚異常の原因のひとつです。舌触りをよくする食品添加物が加えられ、亜鉛などのミネラルの吸収をブロックしてしまうことが亜鉛不足を招いているのです。

材料(4人分)

たけのこ(ゆで)
150g
あさり(殻付き)
200g
だし汁
1カップ
みりん
大さじ1
薄口しょうゆ
大さじ1
大さじ3
(木の芽みそ)
 白みそ
50g
 砂糖
大さじ1
 あさりの蒸し汁(またはだし汁)
大さじ2
 木の芽
16枚

作り方

  1. たけのこは1cm角に切ります。小鍋にだし汁を煮立ててみりん、薄口しょうゆで調味します。
  2. (1)にたけのこを入れ、サッと煮立てます。煮立ったら火を止め、そのまま冷ましておきます。
  3. 別の鍋に塩水(分量外)につけて砂抜きしたあさりを入れ、酒を加え、ふたをして蒸します。あさりの口が開いたら少し冷まして、殻から身をはずしておきます。蒸し汁は取っておきます。
  4. 鍋に、木の芽みその材料の白みそ、砂糖、あさりの蒸し汁(またはだし汁)を入れて、弱火でトロッとするまで練り上げます。すり鉢に木の芽(12枚)を入れてよくすり混ぜ(すり鉢が無ければ細かくみじん切りにします)、練り上げたみそを加えます。
  5. (4)にたけのこ、あさりを入れて和え、器に盛り付けます。残しておいた木の芽(4枚)を添えます。