残り野菜を使って干し野菜の塩きんぴら
ボブとアンジー

ボブとアンジー

残り野菜を使って干し野菜の塩きんぴら

4人前 10分 29kcal/人
干し野菜にすることで歯ごたえのある食感になります。歯ごたえのある食材は、必然的に噛むことにつながるので、唾液分泌を促して消化吸収を助け、早食いや食べ過ぎを防ぎます。

材料(4人分)

(干し野菜)
 大根(皮つき)
180g
 にんじん(皮つき)
40g
 さやいんげん
30g
にんにく
1片
オリーブ油
大さじ1
小さじ1/4
ごま(白)
小さじ1

作り方

  1. ※(干し野菜の作り方)大根、にんじんは皮つきで、5cmの長さ、1cm幅に太めに切ります。いんげんは筋を取り、5cmの長さに切ります。バットに広げ、ラップをしないで冷蔵庫に2~3日置き、干し野菜にします。★前もって作っておきます(調理時間外)。 フライパンにオリーブ油を入れ、みじん切りにしたにんにくを加え、干し野菜を入れて炒めます。香ばしい色が付いてきたら、塩で味を調え、ごまをふります。