白身魚とチンゲン菜の辛味ソース
ボブとアンジー

ボブとアンジー

白身魚とチンゲン菜の辛味ソース

4人前 25分 386kcal/人
白身魚やチンゲン菜はクセが少ないですので、生臭さや青臭さが苦手な子どもでも比較的食べやすい食材です。白身魚は良質のたんぱく質を多く含み、消化吸収に優れています。チンゲン菜はβ-カロテンやビタミンCが豊富で抵抗力を高めてくれます。

材料(4人分)

白身魚
300g
(A)
 塩
少々
 こしょう
少々
 酒
適量
片栗粉
適量
(衣)
 卵白
3個
 酒
小さじ1
 片栗粉
大さじ3
 小麦粉
大さじ3
揚げ油
適量
チンゲン菜
1株
(B)
 チキンスープ
50ml
 塩
少々
 こしょう
少々
サラダ油
小さじ1
(C)
 溶きからし
小さじ1
 ウスターソース
大さじ3
 トマトケチャップ
大さじ1
 チキンスープ
60ml
 ごま油
小さじ1
水溶き片栗粉
適量

作り方

  1. 白身魚は薄く削ぎ切りにし、(A)で下味を付けます。
  2. 卵白をしっかりと泡立てて酒、片栗粉、小麦粉を加え、サックリと混ぜて衣を作ります。
  3. (1)の水気をふき、片栗粉をまぶし、(2)の衣をつけて中温の揚げ油で揚げます。
  4. チンゲン菜は1枚ずつにし、サラダ油でサッと炒め、(B)を加えます。
  5. 中華鍋に(C)を入れて煮立て、水溶き片栗粉でとろみを付けます。
  6. 皿の周囲に(4)のチンゲン菜を並べ、(3)の白身魚を盛り、(5)をかけます。