青のりの粉ふきいも
ボブとアンジー

ボブとアンジー

青のりの粉ふきいも

4人前 10分 92kcal/人
桜えびにはカルシウム、青のり粉にはカリウムやカルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。どちらも保存がきく食材なので、常備しておくと手軽にミネラル補給ができて便利です。

材料(4人分)

じゃがいも(男爵)
小3個
桜えび
大さじ2~3
(A)
 昆布茶
小さじ1
 ごま油
大さじ1
 青のり粉
小さじ2
サラダ菜
適量

作り方

  1. 粉ふきいもを作ります。じゃがいもは皮をむいてサッと水につけ、4~6つの乱切りにします。
  2. 鍋に、じゃがいもがかぶるぐらいの水を入れ、強火で水からゆでます。沸騰したら火を弱めて、竹串が刺さる程度までゆでます。
  3. ゆで汁を捨て、鍋をもう一度火にかけて、ゆすりながら、完全に水気が無くなるまで水気をとばします。表面がデンプン質の粉で白く粉がふいた状態になったら、火を止めます。
  4. (3)のじゃがいもをボウルに入れ、(A)の昆布茶とごま油、青のり粉を入れて混ぜ合わせます。
  5. (4)のじゃがいもをサラダ菜を敷いた器に盛り、フライパンでカリッとさせた桜えびを散らします。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。