吹き寄せずし
ボブとアンジー

ボブとアンジー

吹き寄せずし

4人前 60分 519kcal/人
あじはビタミンB群を含んでいますので、糖質が主成分のお米と一緒に食べるとエネルギーが効率よく代謝されます。また、DHAやEPAなど不飽和脂肪酸も多く含んでいますので、生活習慣病予防にも役立ちます。

材料(4人分)

2合(360ml)
(合わせ酢)
 酢
50ml
 砂糖
大さじ4
 塩
小さじ2
あじ
小4尾
(甘酢)
 酢
100ml
 砂糖
大さじ1
 塩
小さじ1
干ししいたけ
3枚
かんぴょう
10g
(煮汁A)
 だし汁
300ml
 しょうゆ
大さじ1
 砂糖
大さじ1
しめじ
2/3パック
にんじん
3cm長さ
(煮汁B)
 だし汁
100ml
 薄口しょうゆ
小さじ1
 砂糖
小さじ1
さつまいも
4cm長さ
ぎんなん
8粒
栗の甘露煮
4個
(錦糸卵)
 卵
2個
 塩
適量
すしのり
2枚
紅しょうが
20g

作り方

  1. すし飯を作ります。米は洗って、ガス炊飯器の炊飯がまに入れ、水加減して約30分間浸水させ、炊きます。炊きたてのご飯に合わせ酢を合わせます。
  2. あじは三枚おろしにし、多めに塩(分量外)をして、30~40分間おきます。
  3. 洗って水気をふき、腹骨、血合い骨を取って甘酢に10分間くらい漬け、皮を取って、表面に斜めに4~5本切り込みを入れます。
  4. 煮汁Aを煮立て、戻した干ししいたけを入れて弱火で煮て、塩もみしてサッとゆでたかんぴょうも加えて煮含め、汁気を切って刻みます。
  5. しめじは小房に分け、にんじんはモミジ型で抜いて、煮汁Bでサッと煮て、汁気を切ります。
  6. さつまいもは5mm厚に切っていちょう型で抜き、ゆでます。
  7. ぎんなんは鬼殻を取ってゆで、薄皮をむきます。
  8. 卵は錦糸卵にし、すしのりは焼いてもみ、紅しょうがは細切りにします。
  9. (1)に(4)を混ぜて器に盛り、もみのり、錦糸卵の順に散らし、(3)、(5)~(7)、半分に切った栗、紅しょうがを散らします。