春餅
ボブとアンジー

ボブとアンジー

春餅

ボブとアンジー

2人前 45分 435kcal/人
鶏肉、えびに含まれるアルギニンは、アンチエイジングや生活習慣病の予防に働きます。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、免疫力を高め、筋肉増強や血流改善の作用があります。

材料(2人分)

(春餅)
 強力粉
40g
 薄力粉
40g
 熱湯
45ml
 塩
少々
 ラード
4g
(鶏肉の照り焼き 八角風味)
 鶏もも肉
120g
 しょうゆ
大さじ1
 酒
小さじ1
 砂糖
小さじ1
 八角
1/2個
 長ねぎの青い部分
適量
 しょうが(薄切り)
5g
(えびの卵炒め)
 えび
2尾
 卵白
少々
 片栗粉
小さじ1/2
 サラダ油
少々
(A)
 塩
少々
 こしょう
少々
 酒
小さじ1/2
(B)
 卵
1個
 うま味調味料
少々
 塩
少々
きゅうり
1/2本
セロリ
30g
パプリカ(赤)
20g
(C)
 甜麺醤(テンメンジャン)
大さじ1
 しょうゆ
小さじ1
 きりごま
大さじ1

作り方

  1. 春餅を作ります。ボウルに粉類を合わせてふるい、熱湯、塩、ラードを加えてよくこね、ラップに包んで室温に寝かせます(約15分)。
  2. (1)を棒状にして8個に分け、手のひらで押して平らにします。直径6cmにのばして、片面にたっぷりのごま油(分量外)を塗ります。2枚を重ね合わせて直径18cmにのばし、フライパンで両面焼きます。熱いうちに2枚にはがし、4つに折って、乾燥しないようにラップをしておきます。食べる直前に蒸し器で温め直します。
  3. 鶏の照り焼き八角風味を作ります。鶏肉は厚みを均一にします。しょうゆ、酒、砂糖、八角、長ねぎ、しょうがを合わせた調味液に、鶏肉を約20分漬け、両面焼きグリルで焼きます(上下強火 約8分)。途中何度か漬け汁をハケで塗ります。
  4. えびの卵炒めを作ります。えびは背わたと殻を取り、塩、酒(分量外)で軽くもんで水洗いして水気をふきます。(A)で下味を付け、卵白、片栗粉を加えて混ぜ、サラダ油を熱したフライパンで軽く炒めて取り出します。(B)と炒めたえびを合わせ、強火でサッと炒めます。
  5. きゅうり、筋を取ったセロリ、パプリカは各々4cmの長さの棒状に切ります。
  6. 器に(2)と食べやすく切った(3)、(4)、(5)を盛り付け、合わせた(C)を添えます。お好みで、食べるラー油などを添えてもおいしくいただけます。