酒蒸しさんまの吸い物
ボブとアンジー

ボブとアンジー

酒蒸しさんまの吸い物

2人前 45分 173kcal/人
さんまにはEPAやDHA、ビタミンAやB群、ビタミンD、カルシウムや鉄分などが豊富に含まれています。調理のときに流れてしまいがちな、これらの栄養をお汁ごと飲むことで余さず摂取でき、骨粗しょう症、血圧や代謝の気になる方へ向いています。さらに蒸してやわらかくすることで消化もよく、胃腸の弱っているときなどの栄養補給に最適です。

材料(2人分)

さんま
1尾
少々
大さじ1
三つ葉
4本
だし汁(昆布)
1と1/2カップ
大さじ1
薄口しょうゆ
小さじ1/2
みりん
小さじ1
少々

作り方

  1. さんまの頭を切り落とし、2つにぶつ切りにします。内臓は箸などを使って押し出し、水で良く洗います。特に背骨の際に血のかたまりがついていますので、潰してきれいに洗って下さい。水気をふき取ったら軽く塩をふって30分置いておきます。
  2. さんまを酒でよく洗い、酒がついているままでふんわりラップをして600Wの電子レンジで4分加熱し、蒸します。蒸し器を使う場合はラップをせずに7分ほど中火で蒸しますが、さんまはくさみが少なく火も通りやすいので、電子レンジでも十分美味しくできあがります。
  3. 鍋にだし汁と酒、薄口しょうゆ、みりんを加えて沸かし、塩で味を調えます。お椀に蒸したさんまをのせ、だし汁をそそぎ、刻んだ三つ葉をたっぷり加えればできあがりです。
関連するレシピ