はものうまだしゼリーかけ
ボブとアンジー

ボブとアンジー

はものうまだしゼリーかけ

ボブとアンジー

4人前 25分 87kcal/人
京都の夏といえばはも。はもには体内の水分量をコントロールし、関節の働きを円滑化するコンドロイチン硫酸が含まれています。また、はもの骨切りをして小骨を食べますのでカルシウムもとれ、骨粗しょう症予防にも有効です。

材料(4人分)

はも
150g
じゅんさい
50g
きゅうり
1/4本
板ゼラチン
1g
(A)
 だし汁
1/2カップ
 薄口しょうゆ
大さじ3/4
 みりん
大さじ3/4
 酒
大さじ1/2
 塩
少々
生うに
8粒
梅肉
適量

作り方

  1. はもは骨切りをしてひと口大に切り、ゆでて冷水に取ります。
  2. じゅんさいはサッと熱湯を通します。
  3. きゅうりは斜め薄切りにします。
  4. 板ゼラチンは冷水で戻します。
  5. (A)を合わせ、沸騰したら火を止め、(4)を加えて溶かします。
  6. 粗熱を取って(2)を加えて冷やし、とろみを付けます。
  7. 器に(1)、(3)、うにを盛って(6)をかけ、梅肉を添えます。