鶏つくねの照り焼き月見丼
ボブとアンジー

ボブとアンジー

鶏つくねの照り焼き月見丼

2人前 15分 668kcal/人
鶏肉の皮や骨のまわりには、コラーゲンが多く、肌の新陳代謝を促進し、若々しさを保つ効果があります。また、ひき肉にすると、鶏肉の良い部分を平均的にとれます。

材料(2人分)

鶏ひき肉
100g
(A)
 塩
小さじ1/6
 しょうゆ
小さじ1/4
 ごま油
小さじ1
 片栗粉
小さじ1
 しょうが(おろし)
小さじ1/2
(B)
 木綿豆腐
1/8丁
 生しいたけ(みじん切り)
1/2枚
 にんじん(みじん切り)
5g
1合
いりごま(白)
大さじ1/2
サラダ油
大さじ1
(C)
 砂糖
大さじ1/2
 みりん
大さじ1/2
 しょうゆ
大さじ1
サラダ水菜
1/2袋
温泉卵
2個
マヨネーズ
適量

作り方

  1. 米は、表示通りの水(分量外)を入れて普通に炊きます。鶏ひき肉に(A)を加えてよく混ぜます。ねばりが出れば(B)を加えて混ぜ、6等分にします。
  2. 米が炊き上がったら、いりごまを混ぜます。
  3. フライパンにサラダ油を入れ、小判形にした6個の(1)を3分焼きます。裏返して2分焼き、取り出します。
  4. (3)のフライパンに、(C)を入れて温め、(3)で作った鶏つくねをからめます。
  5. 器に(2)を盛り、(4)のたれをかけます。3cmの長さに切ったサラダ水菜、(4)を順にのせ、マヨネーズを線描きし、温泉卵をのせます。