手まりずし
ボブとアンジー

ボブとアンジー

手まりずし

ボブとアンジー

4人前 60分 339kcal/人
一口サイズで食べやすい手まりずしは、パーティや行楽弁当にしても良いメニューです。鮭や鯛はDHAやEPAなど不飽和脂肪酸を含んでいますので、脳の機能を高める効果が期待できます。

材料(4人分)

生鮭(上身)
150g
少々
鯛(上身)
150g
木の芽
8枚
(すし飯)
 米
1と1/2合
 だし昆布(5cm角)
1枚
(合わせ酢)
 酢
40ml
 砂糖
大さじ1と1/2
 塩
小さじ1

作り方

  1. (すし飯を作ります) 飯切りは、水でしめらせ、余分な水分は拭き取ります。
  2. 米は洗って炊飯がまに入れ、水加減をし、乾いたふきんで汚れを落とした昆布とともに約30分間つけます。昆布を引き上げ、炊きます。
  3. 炊き上がれば、炊飯がまのふちに木じゃくしを入れ、ご飯をはなします。
  4. ご飯を飯切りに移します。
  5. 合わせ酢を木じゃくしに受けながら、全体に回しかけ、切るように混ぜます。
  6. うちわであおぎながら冷まし、ツヤを出します。 (手まり寿司を作ります)
  7. 生鮭は骨を取り、斜めに大きく8枚のそぎ切りにし、塩をしておきます。
  8. 鯛は皮を引き、斜めに大きく8枚のそぎ切りにします。
  9. すし飯は16等分にして丸めます。
  10. かたく絞ったぬれふきんを広げ、(7)をおいて、木ノ芽、(9)をのせ、茶巾絞りにします。
  11. 同様にして(8)も茶巾絞りにします。
関連するレシピ