九条ねぎの関西風すき焼き
ボブとアンジー

ボブとアンジー

九条ねぎの関西風すき焼き

4人前 25分 443kcal/人
九条ねぎの緑の部分にはビタミンやミネラルが豊富で、特に白い部分に含まれるアリシンは血行をよくして身体を温め、肩こりや疲労の蓄積を防ぎ、神経を鎮めて体調を整えます。ビタミンB1の吸収を促進する働きもあり、疲労回復や風邪の治療にも効果があります。血液さらさら、冷え性改善の効果も期待できる冬場にぴったりな料理です。

材料(4人分)

牛肉
400g
九条ねぎ
10本(200g)
焼き豆腐
120g
玉ねぎ
120g
生しいたけ
4枚
もち麩
6個
(調味料)
 砂糖
大さじ4
 しょうゆ
大さじ3
 酒
大さじ3
4個

作り方

  1. 九条ねぎをよく洗い、根元を切り落とし、10cmほどのざく切りにします。
  2. 豆腐は6等分に、生しいたけは軸を切り落として飾り切り(花切り)をし、玉ねぎは1cmにスライスします。
  3. もち麩は水で戻し、軽く絞っておきます。
  4. 鍋で牛肉を軽く焼き、調味料を加えて軽くからめてから一旦取り出します。他の食材を鍋に並べてひと煮立ちしてから肉を戻し入れ、煮えたものから溶き卵をつけていただきます。九条ねぎはすぐに火が通るので、2回に分けて入れてもよいでしょう。
  5. 追加の牛肉を入れる際は、(4)と同じ配合で調味料をお好みの量で追加してください。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。