銀だらのみそ漬け
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 岡本 真直

小田 真規子

銀だらのみそ漬け

1人前 25分 240kcal/人
脂ののった銀だらは、みそ漬けにすることで身が締まり、コクとうまみが際立ちます。程よい甘みでほんわかする味です。

材料(1人分)

銀だら
4切れ(400~500g)
小さじ1/2
【漬け床】
 みそ
カップ1(230g)
 砂糖
カップ1/4
 酒
カップ1/4
サラダ油
適量
みょうが
適量

作り方

  1. バットに銀だらを並べ、両面に塩をふりかける。少し高いところからふると、むらになりにくい。そのまま約10分間おく。
  2. ボウルにみそを入れ、ゴムべらでよく練る。なめらかになったら砂糖、酒を加えてよく混ぜる。先にみそを練っておくと、風味がたちやすく、調味料もよく混ざる。浅い密封容器やバットを用意しラップを長め(容器の長辺の2倍が目安)に切って敷き込む。みその1/2量を入れ、ゴムべらで平らに広げる。
  3. 1の銀だらをペーパータオルにはさんで水けを拭く。こうすると、クセが出にくくなる。
  4. 2の【漬け床】に銀だらを並べ入れる。残りのみそを加え、銀だらの上面に均等に塗り広げる。ラップの端を折りたたんでかぶせ、軽く押さえて中の空気をぬく。こうすると魚とみそが密着してなじみがよくなる。冷蔵庫に入れて6時間以上おく。
  5. 2人分を焼く。銀だら2切れを取り出し、指で表面のみそをこすり取る。フライパンにサラダ油小さじ1を入れて中火で熱し、銀だらを皮を下にして並べ入れ、弱火で焼く。トングではさみ、立てて焼くとよい。皮に焼き色がついたら、表(皮が見えるほう)を下にして約10分間焼き、返してふたをし、さらに5分間焼く。器に盛り、みょうがを縦半分に切って斜め薄切りにしたものを添える。