AJINOMOTO PARK

白菜漬け

10人前 180分 60kcal/人

材料(10人分)

白菜
2株(4000g)
昆布
20g
赤唐がらし・小
6本
「瀬戸のほんじお」
120g
「味の素」
小さじ2/3

作り方

  1. 白菜は外側の葉を2~3枚取り除き、きれいに洗う(取り除いた葉はあとで〝葉ふた〟に使うので、洗っておく)。根元の部分は包丁で薄くそぎ、きれいにしておく。
  2. 白菜を葉先を下にして立て、根元に包丁で5~7cmくらい切り込みを入れる。根元から割るように、左右に広げ、2つ割りにする。同じ要領で4つ割りにする。
  3. 白菜をよく水洗いし、切り口を下にして水気をよくきる。
  4. 昆布は汚れをふきとり、約2cm幅に切る。赤唐がらしは汚れを拭き取る。
  5. 塩、「味の素」を合わせ、よく混ぜておく。
  6. (3)の白菜の根元を広げるようにして(5)をふる。
  7. 漬ける容器の底に(5)を軽くふり、(6)を容器にきっちりと入れ、(4)の昆布・赤唐がらしの1/3量を散らす。
  8. 同様に残りの白菜も詰めていき、最上段は残りの(4)の昆布・赤唐がらし、(5)をふり、(1)でとっておいた葉をかぶせる(葉蓋)。
  9. 押しぶたと重石(白菜の重さの2~3倍)を置き、ほこりが入らないように覆いをして冷暗所に置く。
  10. ~3日後(時間外)、水がたっぷり上がったら、重石の重さを半減する (この場合でも、押し蓋の上に水が上がっていることが大切)。
  11. 週間後(時間外)くらいから食べはじめる。ほどよく漬かったら、小分けにして冷蔵庫で保存するとよい。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。