さばのつくね焼き
NHK「みんなのきょうの料理」
写真家: 岡本 真直

料理家 小田 真規子

さばのつくね焼き

料理家 小田 真規子

2人前 20分 280kcal/人
さばの身をスプーンでかき出してからたたくから、ビギナーでも簡単です。こんがり焼けたつくねは、しょうがやねぎ、ごまの風味が広がります。

材料(2人分)

【つくねのタネ】
 さば
2切れ(250g)
 ねぎ
1/4本(30g)
 しょうが
1かけ
 白ごま
大さじ1
 みそ
大さじ1
青じそ
6枚
小麦粉
適量
サラダ油
大さじ1

作り方

  1. ねぎは端から薄く切り、しょうがはせん切りにする。さばはペーパータオルで水けを拭き、皮を下にしてまな板に置く。スプーンなどで身をかき出し、残った骨と皮を除く。【つくねのタネ】の残りの材料をのせ、包丁で細かくたたく。時々包丁で底からすくって上下を返し、たたきながら全体を混ぜる。スプーンを下向きに使い、骨を避けながら身をかき出す。あとでたたくので、身はくずれてもよい。さばの上にねぎ、しょうが、白ごま、みそをのせ、包丁でたたいて、さばと一緒に細かくする。
  2. 11は6等分して小判形に整え、青じそ1枚にのせてはさむ。残りも同様にする。小麦粉をまぶし、軽くはたいて薄くつける。青じその裏側の半分のところにつくねをのせ、青じそを半分に折ってはさむ。
  3. フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、2を並べ入れる。約3分間焼いて焼き色がついたら返し、さらに約3分間焼く。