1週間節約チャレンジ!1人300円以下の献立まとめ

「節約したいけど、食卓はしっかり栄養もボリュームも欲しい」そんな方へ、鶏むね肉・もやし・豆腐…年中安く手に入る食材を中心に二菜一汁の献立をご紹介します。一人暮らしの方も大家族の方も実践できる、1週間献立まとめです。

もやしを使ったかさ増し塩炒めで節約にチャレンジしよう!

メインはもやしたっぷりの塩炒めでごはんが進みます。合わせる副菜は、価格が安定している豆腐の変わり冷奴でボリュームを感じられます。お味噌汁も通年で価格変動のないえのきで節約できます。

もやし、豆腐、豆苗の、三大節約食材を使った献立です。

節約食材の代表格、もやしを使ったチャーハンはシャキシャキ食感を楽しめます。100円前後で作ることができるので、副菜と汁物もしっかりとつけられます。副菜は塩気の効いたねぎだれの冷奴、汁物はささ身が入った食べ応えのある中華スープです。

食材の使い回しで無駄のない献立

ヘルシーで安い、いいこと尽くしの鶏むね肉がメインの献立です。主菜の鶏むね肉があっさりとしているので、副菜と汁物ではジューシーな油揚げを使って、満足感アップ。副菜と汁物の両方で油揚げを使用するので、食材を無駄なく使うことができます。

節約中でも贅沢気分を味わいたい!うなぎの蒲焼風献立

本物のうなぎは高いけど、豆腐を使えばうなぎ風の蒲焼きが作れます。コクのある合わせ調味料と山椒の爽やかさが、本物のうなぎを彷彿させます。合わせる副菜と汁物は大根の皮きんぴらと大根のお味噌汁で、食材に一切無駄がありません。

節約中もガッツリ食べたい!手羽先の甘辛焼き献立

手羽先、手羽中、手羽元など、骨つきのお肉はグラム数あたりのお値段が安いことが多いです。メインの手羽先の甘辛焼きは、焼肉のタレを使って味付け失敗知らず。副菜には数十円で作ることができるもやしの和えものを合わせます。主菜で使ったレタスとゴマを汁物でも使いますが、味付けがかぶらないので満足感を得られます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。