今の気分は何カレー?カレーがメインの副菜&汁物の献立教えます

カレーは、そのまま食べるのももちろん美味しいですが、アレンジの方法も無限大。しかし意外と頭を悩ませるのが、カレーの副菜や汁物の合わせ方。ビーフ・バターチキンなど、豊富なカレーのレシピとともに、栄養と味付けのバランスを考えたカレーの献立をご紹介します。

ゴロゴロ具材のカレー献立

子どもも大人も大好きな基本のカレー献立です。市販のカレールウを使うので味付け失敗知らず。合わせる副菜はカレーの定番トッピングのピクルスです。漬けて冷やすだけなのであっという間に完成します。スープはコンソメ味ですっきりと。玉ねぎの甘みを感じる一品です。

お店の味をご家庭で!バターチキンカレー風献立

エスニック料理好きにはたまらない、バターチキンカレーの献立です。バターのコクと鶏肉のうま味が美味しく、一度食べたらやみつきに!合わせる副菜もパクチーサラダで、カレーによく合います。レモン汁が爽やかで、箸休めにぴったりです。スープもエスニッに酸辣湯を用意します。トマトとお酢の酸味がカレーのコクとマッチし、最後まで飽きすに食べられる献立です。

ひき肉たっぷり!キーマカレー献立

インド発祥のキーマカレーは水分が少なく、さっぱりと食べられるのが特徴です。カレールウたっぷりは重たいかも・・・という方におすすめ。合わせる副菜はトマトと玉ねぎの簡単サラダ。お好みのドレッシングをかけてお召し上がりください。残った玉ねぎはしっかりと煮込んで、とろとろの絶品スープに仕上げます。

最強の組み合わせ!キャベツたっぷりメンチカツカレー献立

野菜中心のカレーにメンチカツを添えた献立です。カレーはココナッツミルクを入れてコクを出し、野菜からのうま味も溶け込んだ絶品カレーです。ここにさらにジューシーなメンチカツを添えます。メンチカツはキャベツたっぷりで胃もたれ知らず。残ったキャベツはそのままコンソメスープにすると、食材を余すことなく使えます。

旬の野菜を食べよう!夏野菜カレーの献立

トマト、なす、オクラと、夏が旬の野菜をふんだんに使った夏野菜カレーの献立です。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があり、夏風邪を予防します。なすは体を冷やす食材とされているので、夏を乗り切るにはぴったりの食材。オクラのネバネバは食物繊維は腸内環境を整え、体を内側から綺麗にします。夏のカレーは食べて健康になる夏野菜カレーで決まり!合わせる副菜と汁物も、夏野菜のズッキーニとトマトを使って、より栄養価をアップさせます。

「献立考える、食材を買う」
を1分で。